ジェノマートップ > 老化防止の鍵を知る

老化防止の鍵を知る - POINT

老化防止の鍵を知る:エイジングケアの鍵は「成長ホルモン」「成長因子(GF)」

エイジングケアを 正しく知れば 毎日がもっと 楽しく!美しくなる!

ジェノマーの愛用者でもある美容のスペシャリスト、
皮膚科医の清家純子先生に、医師として、
スキンケアマニアとして、そして愛用者として、
悩めるエイジングケアに関するお話を伺いました。

メディカルエステに 来店されるお客様の  最も多い目的は?

解説:
シロノクリニック 清家純子先生
プロフィール

「ヒト成長ホルモン」「成長因子」はまさに老化防止の鍵!

老化は誰しも避けられないものです。しかし老化のスピードには個人差があります。
老化を進める要因にはさまざまなものがあり、それをいかにコントロールするか、防御するかで、同じ年齢のヒトでも、老化の進行度に差が出てきます。なかでも、近年の老化に対する医学的研究において、「遺伝子」や「ホルモン」という要因が、老化に関わるひとつの、大きなキーワードとして、注目されています。特に“若返りのホルモン”とも言われている「ヒト成長ホルモン」は、まさに老化対策の鍵といえるでしょう。
ヒト成長ホルモンは、その名のとおり、ヒトの体が、子供から大人へと成長を遂げるのに、絶対必要なホルモンですが、そのような働きにとどまらず、生涯、全身のあらゆる細胞が、きちんと働き続けるための潤滑油のような働きがあります。つまり、命を動かし、若さと健康を維持していくためにも、必要不可欠な成分なのです。
ヒト成長ホルモンの生涯分泌パターン (HO,K.K.Y.et al.: Horm. Res. 40(1-3) : ,1993より改変) また、さらに、ヒト成長ホルモンとも関わりのある、「成長因子(GF)」という物質も、老化対策を考える上で、見逃せない成分です。成長因子にはいろいろありますが、EGFやFGFなどの成長因子は、肌を若々しく保つために重要な役割を果たしています。
年齢とともに、その“老化防止の鍵”は減少してしまいます…… 成長ホルモンは、脳にある視床下部という、とても小さな器官から分泌されているのですが、老化対策の鍵となるこのホルモンは、残念ながら、年齢とともに、分泌量が減少してきます。それに伴い、成長ホルモンは減少してしまいます。
そこで、最近の予防医学・抗老化医療において、この減ってしまうホルモンを補充して、老化を予防し、若返りを図る、総合ホルモン補充療法という治療方法が注目されています。また、成長因子に関しても、シワやたるみなど、肌の老化に対し、血小板注入療法といった、成長因子の働きを利用した治療方法が、美容医療の現場で広く行われています。
「クリニックで美容・老化対策を」というのも、十年ほど前に比べると、随分あたり前のようになってきましたが、まだまだ特別な思いを持つ方も少なくありません。
そこで、こういった最先端の医療技術の恩恵を、もっと多くの人々に、もっと手軽に受けてもらえるように考えられたのが、ジェノマー商品。「成長ホルモン」と「成長因子」の働きに着目した先進的なエイジングケア商品と言えます。

NEXT > 普段の生活で正しくエイジングケアできていますか?

Profile 清家 純子(せいけ じゅんこ) 先生プロフィール

レーザー治療・レーザー脱毛、ピーリング(スキンケア)、アンチエイジング医療に関する豊富な知識と症例経験を持ち、患者様の立場に合ったカウンセリングを行う。テレビ・マスコミにも多数出演。また、自身が数多くのスキンケアを楽しむ、美容マニアでもある。

  • 1993年 関西医科大学卒業
  • 1993年~ 京都大学医学部付属病院入職。
  • 2001年 シロノクリニック入職 大阪院 院長となる

所属学会:日本レーザー医学会 日本美容皮膚科学会 日本抗加齢医学会
シロノクリニックホームページはこちら

ページトップへ

  • ジェノマー史上最高の エイジングケア 新商品情報
  • 美容業界注目の成分 EGFとhGh
  • ジェノマー商品を使った エステコースを体験!!エステ体験レポート